『電波詩集』

【著者】松本圭二

【判型】四六判、仮フランス装(天アンカット)、スピン有り
【頁数】128頁
【定価】本体2,800円+税
【コード】ISBN978-4-906738-30-4

(栞=寄稿:中原昌也、著者解題)

カバー図版:小山泰介 Untitled (Melting Rainbows 015), 2010

 

 

朔太郎賞受賞作の断裂――


二千十万年夏休み、男子高生の三人に一人が言語障害に陥るであろう
母音を失った彼らは「小鳥のさえずり」を一斉に始めるであろう
ポエジーとエレジーとバンジーが破局的に衝突する川面で美しいものがすべて砕け散るであろう
思い出や思い出や思い出や隠し通した欲望が!
そしてテクストの時代が終わる
おれはカンブリアの魚に誘われるように穴に入って行った
その穴
世界市民がめいめいに打つ絶望的読点のなかに
全ての窓辺からカーテンが取り外された日、おれは一瞬の鳥バードの溜め息を聞いたように思う
それはもはや若々しいものではなかった




【著者より】

「現代詩手帖」に連載した短詩群。
この連載を企画した編集者は、第1回が掲載された直後に思潮社を辞めてしまった。
ということは辞めることを決意しつつこの連載を企画したのであろう。
そこには何か意図があるはずだ。
私はこう考えることにした。この連載は彼が対思潮社に仕掛けた時限爆弾なのだと。
たぶん嫌になることが山ほどあったのだろう。
よしわかった。任せとけ。
私はこの連載をどのタイミングで爆発させるかを考えた。

 

 

主な取り扱い書店一覧

 

 

【著者略歴】

松本圭二(まつもと・けいじ)
詩人。フィルム・アーキヴィスト。
1965年-。早稲田大学第一文学部中退。
2006年、『アストロノート』(「重力」編集会議)で萩原朔太郎賞受賞。
他の詩集に、『ロング・リリイフ』(七月堂、1992年)、
『詩集』(私家版、1995年)、『詩集・未製本普及版』(アテネ・フランセ文化センター、1996年)、
『詩集工都』(七月堂、2000年)、『詩篇アマータイム』(思潮社、2000年)。

  • 数量 :