『反東京オリンピック宣言』

[編著者]小笠原博毅・山本敦久

 

『反東京オリンピック宣言』

A5判/並製/272頁/
本体2,200円+税

 

開催を返上・中止せよ!!

 

「アンダーコントロール」などという安倍首相による世界に向けた破廉恥なまでの虚偽発言、
裏金不正疑惑、抵抗するアスリートの排除、
野宿者排除・人権蹂躙、だるま式に膨れ上がる開催費用/まやかしの経済効果、
環境汚染、置き去りにされる福島復興・原発対策……
政府・東京都・広告業界、それらと一体と化したマスメディアが、これらの問題に目を耳を口を閉ざし、
2020東京オリンピック開催の歓迎ムードを醸成、反対の声を抑圧するなか、
スポーツ、科学、思想、哲学、社会学などの研究者・活動家ら16人による根源的な異議申し立て。

 

 

【 最新の投稿 】

『反東京オリンピック宣言』続々と書評

『反東京オリンピック宣言』の書評・新刊案内・関連記事が続々と出ています!

まず『毎日新聞』8月25日付の「発信箱」で論説委員の落合博さんが、「お・こ・と・わ・り東京オリンピック」集会とともに言及してくださっています。

ついで『週刊金曜日』1103号(9月9日号)の「きんようぶんか」のトップで、武田砂鉄さんが取り上げてくださいました。
いわく、「利権の肥大が個人を圧迫する、この上なく分かりやすい暴力を見過ごさない、真っ当な『反』が濃縮された一冊」。

『図書新聞』3272号(9月24日付)では、一面トップで、杉村昌昭さんが取り上げ、「現代オリンピックの新自由主義的展開のもたらす大から小にいたるさまざまな問題点を、多様な著者を配してあらゆる角度から批判的に再検討した集合著作で、これまでの『オリンピック批判論』の集大成とも言うべき圧巻の内容」。
『週刊金曜日』1103号(9月9日号)『図書新聞』3272号(9月24日付)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、新刊案内・新刊紹介として、『東京新聞』『中日新聞』9月18日付『ポパイ』10月号のほか、『中国新聞セレクト』9月15日付、『下野新聞』9月18日付、『信濃毎日新聞』『山形新聞』『愛媛新聞』『沖縄タイムス』9月25日付で取り上げられました。

ぜひみなさん、本書を書店でお手に取ってみてください!



【 新着ブログ一覧 】